こぜに vs MUGEN

こぜにのMUGEN関係のブログ きっとずっとグダグダ

伝説の超ゴリラ

「キングコング 髑髏島の巨神」を見に行った話





以下、ネタバレありの感想


映画のかなり早い段階でモナークって単語が出てきて「どっかで聞いたな・・・」と思ったらムートー発言まで出てきてゴジラ2014と同じ世界線やんけ!!とまんまと喜ばされるあたし(単純)

今作は「ムートーの生態紹介が長くてゴジラの登場時間が短い」ゴジラ2014や「メイン怪獣が一匹なので大体人間ドラマ」シン・ゴジラ(どっちも文句言うほど嫌なわけじゃないけど)と比べると、コングvs人間、怪物vs人間、コングvs怪物がひっきりなしに起こるのでどちらかというとパシフィック・リム的な盛り沢山で、かいじゅういっぱいで長く出てるのが好きな人にはたまらんですよね

怪獣というより野生の巨大生物でしょ?と思いきや、竹林に擬態して足で食人族してくるバンブースパイダーや倒れた古木に化けていたナナフシ(かわいい)、メイン敵のスカルクローラーは異形な感じで、全体的に単なる巨大生物に止まらず個性的に、しかし実際の変な生物の変具合を考慮すればリアルに居てもおかしくはない、みたいな微妙なラインをついてきてるモンスターデザインですこですね

やはり映像の迫力は充分すぎるほどで、前半のコングがヘリを次々撃墜するシーンでは、これから主役になるのにやりすぎ(いやこのシーンまでしばらく人間がキャッキャしてたのでこっから怪獣が主役だと強調する為にわざとか)という程の暴れっぷりでした。
コングとスカルクローラーの決戦も痛快爽快な感じで、パワー勝負のみならずクローラーが罠?のようにコングを沈没船に衝突させて鎖に絡ませる→コングも鎖とスクリューを見て思案、鎖鎌ゴリラ炸裂などズル賢いVSそれを上回る賢いみたいなのもあり滾るアクションでした。

細かいところではヘリとトンボが並列して飛ぶシーンとか怪鳥に捕まった人が夕日をバックに空中でやられるシーンとか、構図で魅せようみたいなところがあって印象に残りましたね。
ちょっとお腹空いてる時に見たので、コングを襲ったタコが返り討ちにされるダイナミック朝食(ゲソ)のシーンはおいしそうでグルメ要素までも完備してますね(???)



なんか文句的なものをつけるとすれば、
勝手に期待してた部分として、なるべく前情報無しで見に行ったつもりなのに、予告に登場する怪獣以外はあまり出なかったというか、種類が多い分余計に、隠しラスボス怪獣いるかな!??と思いながら観る派なので、スカルクローラーの親玉とかがもう一段階違う姿で隠されてたらなお良かったですね(我儘)
木の上で鳥の声を擬態するアリとかも言及だけされて出てこなかったりして、ちょっと見たかったり(出たら出たで更に人が減るのでアレだけど)
そういう意味では確かに人間=虫けら!という力の差は描かれてるけど意外と生き残ったなという印象も(死ねばいいってわけじゃないが)

あとはコングの墓場のシーンで、ガスが充満してるので煙草を捨てたら爆発、の後に火炎放射器でスカルクローラーに攻撃→死なない、の後にヒロインがライターを投げて爆発→撃退(このへんちょっとうろおぼえだが)、ガスの引火する度合いがあんまり分からない感じはありました(構図で魅せるので、先のシーンで伏線になってたライター一つで倒すのがやりたいのは分かるが、火炎放射器が発射時点で大爆発しないのが一回見ただけだとよくわからない、ガスが濃いのは地面だけ?みたいな)

人間パートだと、主役男が父親が戦争で生死不明っつって、大戦中の遭難者が家族を置いてきたっつって(国違うけど)まさか!と思ってまさかじゃない(国違うから)みたいなところ、べつにいいんだけど親父!?みたいなご都合なのもネタ的にありじゃんみたいな(???)
人間ドラマがこういう具合なら、コングの一族が何故どうやって倒されたか、スカルクローラーが不意打ちしてきてこんなにずる賢くて悪いヤツだぞ、つうコングの記憶の描写とか、ムートーの時みたいにこの2怪獣の生態と確執の部分がもっと欲しかったなあ(調査する人が情報を持ってないとこから始まるので出来ないが)

文句じゃないけど主役男とヒロイン、コングとヒロインがいい感じになるみたいのは案外控えめでしたね(べつにいいんだけど)
コング兄貴はまあいつも通り美人には優しいんだろうけど、助けるシーンは閃光弾の借りを返したとか敵味方を判別してるくらいの範囲に止まってて、さらうほどではない的な(?)

さてエンドロール後のシーン、次回予告という感じでゴジラ・モスラ・キングギドラを匂わせる絵とゴジラの鳴き声で〆ますが、
単純に続きが気になる!と同時に、キングコングっていちおうゴジラとライバル的な位置づけじゃなくていいのかな?コングを冠する映画でこれじゃあ壮大なゴジラのCMみたいになっちゃったんじゃないかな?という感じもあり(ぼくはいいけどコングの熱狂的ファンならry)
でもコングの鳴き声で〆→エンドロール→ゴジラの返事で再〆と解釈すればいいか(???)

そうなると今後、コングはゴジラと対等に戦えるよう?更に巨大に成長すると思うんだけれど、それなら尚更コングが成長途中っぽい描写→家族や生い立ちの部分がほんの一瞬でも欲しかったな~~(超個人的感想)

勝手な文句はあっても好きな映画には間違いないので続きを待ちますね(雑な〆)
スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 19:42:05|
  2. 駄文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パワード!スーツ! | ホーム | ニューカマー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mugenkozeni.blog100.fc2.com/tb.php/113-e648065b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こぜに

Author:こぜに
こぜにのMUGEN関連のブログ。
「パチモン軍団総進撃大決闘戦争池球最大の決戦 FINAL WARS」参加キャラクター募集中!

データのダウンロードはこちら

kozeni0505

カテゴリ

MUGEN全般 (9)
自作キャラ関連 (36)
スクリーンショット (4)
パチモンFW攻略本 (4)
駄文 (7)
未分類 (13)
ぼくたちのどうしようもない妄想・目次 (1)
ぼくたちのどうしようもない妄想 (8)
わしらのどうにもとまらない妄想 (0)
スッポンサー広告 (1)
ブンド道 (3)
フィギュア:スポーン (6)
フィギュア:アメコミ系 (1)
フィギュア:洋画系 (4)
フィギュア:特撮 (4)
フィギュア:その他 (2)
激ヤバ即ゲット (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

とぃってr

TweetsWind

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック