こぜに vs MUGEN

こぜにのMUGEN関係のブログ きっとずっとグダグダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パチフェィク・キムの感想

パチフェィク・キム

(ネタバレ注意)
そんなものはない。


ということで話題のロボ怪獣特撮「パシフィック・リム」の感想(微量ネタバレ注意)

あのね、これね、すごい好きです。
終始にやにやしながら観ていました。
そんな映画です(黙

まず全編通して戦闘シーンづくしなのが最高ですね。最近見かけないタイプの映画です(だからといって昔ならあったのかというのはわしは知らん)

しかも殆どの怪獣が一筋縄ではいかなく苦戦を強いられる展開で、人間側が優勢だった時代の話はプロローグでざっと流して本編はずっとピンチという潔さ。(まあ続々怪獣撃破という部分も見たかったがね)

戦闘ではイェーガーが怪獣の攻撃を耐えるでもなくすぐさまぶっ壊れてヤバレカバレになりながらも真っ向からのゴリ押しパワー勝負に挑んでいくところが実によかったですね。実際にデカいのに乗ってデカいのに追いつめられる状況になったらああいう戦い方になるのがむしろリアルだとは思わんかね?(何

ジプシーが駆け向かっていくシーンなど予告にあったシーンも、そこに至るまでの流れや映画館の大スクリーン大音響加えて3D効果もあるとまるで別物のように感動できましたね(何
怪獣が空を飛ぶという、それ自体は珍しくない要素も、それまでの展開などが加わってむしろ全く予想もつかないような圧倒的脅威として感じられました。(ネタバレとか読んでなくて良かった!) 演出が巧いです。


チェルノさんが出るたびに笑(ry
二機以外のイェーガーがほとんどかませだったのが残念ですかね、各国機体の活躍が見たかったし、日本代表は殆ど出てなかったのが(ry

ほぼ夜間戦だった(怪獣の設定に起因するかもしれないが)ので、実写版トランスフォーマー現象で形と色が見づらいと怪獣が微妙に見分けられないところもありました、初心者にも優しいよう色で区別できたらいいとおもいます(これこそ怪獣の設定に反するからしょうがないけどな!)
CGに多少粗とか出ててもいいので、オニババ以外にも昼間の戦闘シーンをがっつり見たかったです

あと敵側視点の怪獣開発物語も見たいです(誰得)
オニババとかオオタチとか和風ネーミングの怪獣もいるのがいいです。更にネット資料でHidoiっていうのが(ry
怪獣の寄生虫とか小ネタも面白かったですw
一番最後の最後のアレはよくあるアメリカ映画の続編の為のモヤモヤラストを皮肉ってる感じでよかったすw


これ一本でたくさんの怪獣とロボアクションを見られる豪華てんこ盛りな映画でした。
観終わった最初の感想は「もっと観ていたい」というやつでした。もう一回観るか・・・?
スポンサーサイト
  1. 2013/08/24(土) 18:14:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パシフィック・リムの先祖 | ホーム | 砂漠に咲く一輪の花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mugenkozeni.blog100.fc2.com/tb.php/77-4d52b0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こぜに

Author:こぜに
こぜにのMUGEN関連のブログ。
「パチモン軍団総進撃大決闘戦争池球最大の決戦 FINAL WARS」参加キャラクター募集中!

データのダウンロードはこちら

kozeni0505

カテゴリ

MUGEN全般 (9)
自作キャラ関連 (36)
スクリーンショット (4)
パチモンFW攻略本 (4)
駄文 (7)
未分類 (13)
ぼくたちのどうしようもない妄想・目次 (1)
ぼくたちのどうしようもない妄想 (8)
わしらのどうにもとまらない妄想 (0)
スッポンサー広告 (1)
ブンド道 (3)
フィギュア:スポーン (6)
フィギュア:アメコミ系 (1)
フィギュア:洋画系 (4)
フィギュア:特撮 (4)
フィギュア:その他 (2)
激ヤバ即ゲット (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

とぃってr

TweetsWind

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。